ようこそWEBの診療所

〜ヤブ医者(悪質な広告代理店や制作会社)に騙されないために〜今知って欲しいWEBの知識

自然検索(固有名詞)での流入の増やし方

今回は自然検索(固有名詞)での流入の増やし方についてです。

ここで扱ういくつかの施策は、次回以降で扱う「自然検索(キーワード)」に関しての対処法の基礎にもなる部分ですので、よく覚えておいて下さい。

自然検索(固有名詞)での流入の増やし方

自然検索(固有名詞=会社名や商品名)での流入が少ない原因

自然検索(固有名詞=会社名や商品名)での流入が少ない場合、2つの原因が考えられます。

  • 検索結果で上位に表示されていない
  • 検索結果で上位に表示はされるが、クリックされていない

今回はこの2つを解決するための方法を、順にご紹介します。

 

検索結果で上位に表示させる方法

そもそも、なぜ固有名詞(自分の会社名や商品名)の自然検索で、上位に表示されないのでしょう?

原因は

  1. グーグルのクローラー(ロボット)がクロール出来ていない。
  2. 同じ名前の会社や商品があり、そのサイトに負けてしまっている。

主にこの2つだと思ってもらって良いかと思います。

この1、2それぞれに合わせた改善方法をご紹介しましょう。

 

1.グーグルのクローラー(ロボット)がクロール出来ていない場合

グーグルは、クローラーというロボットにネット上に存在するあらゆるWEBサイトを巡回させています。

このクローラーがWEBサイトの内容を把握(クロール)してグーグルのデータベースに蓄積しており、その膨大な蓄積データを元に、検索結果が表示されます。

ですから、このクローラーにサイトをクロールしに来てもらわないと、グーグルのデータベースにあなたのWEBサイトの情報が正しく蓄積されません。

そうなると、いくら検索しても、検索結果にあなたのサイトが表示されないという事態に陥ってしまいます。

クローラーにサイトをクロールしてもらう方法

グーグルのSearch Console(サーチコンソール)を使ってグーグルに直接クロール願いを出すことで、クローラーをサイトに連れてくる事が出来ます。

グーグルのサーチコンソールを使って、グーグルに直接クロール願いを出す方法

グーグルのSearch Consoleは、アナリティクスと合わせて絶対に入れておくべきツールです。

まだこのツールを導入できていない方のために、導入方法~クロール願いを出すところまで、順を追って説明します。

1)Search Consoleのページを開き、プロパティを追加します。

f:id:ratchiweb:20161205015603j:plain

f:id:ratchiweb:20161205015450j:plain

f:id:ratchiweb:20161205015456j:plain

2)Fetch as Googleでインデックス登録をリクエストします。

f:id:ratchiweb:20161205020047j:plain

f:id:ratchiweb:20161205020111j:plain

f:id:ratchiweb:20161205020142j:plain

f:id:ratchiweb:20161205020222j:plain

f:id:ratchiweb:20161205020231j:plain

これで、1週間〜2週間以内に、クローラーがサイトをクロールしに来てくれます。

2.同じ名前の会社や商品があり、そのサイトに負けてしまっている場合

この場合、「1.グーグルのクローラー(ロボット)がクロール出来ていない場合」よりもテクニックが必要になります。

まず、負けてしまっている原因として

  • サイトの内容を説明するタグが、最適な表記の仕方になっていない
  • サイトのコンテンツ量が競合のサイトに比べて少ない
  • ドメインの年齢が競合に比べてはるかに若い
  • 被リンクが競合のサイトに比べてはるかに少ない

上記が考えられます。

このうちすぐに対処できるのは、

  • サイトの内容を説明するタグが、最適な表記の仕方になっていない

です。

早速、サイトの内容を説明するタグと、その最適化のポイントを下記に説明します。

※タグの見方が分からないかた

サイトを開いてページ上のどこでもいいので右クリック

ページのソースを見る
で現状がどうなっているか確認できます。

サイトの内容を説明するタグの最適化方法

<head>〜</head>で欠かせないタグ

○タイトルタグ

  • 30字以内
  • TOPページには会社名を、商品ページにはその商品名を必ず含める

(例)
<title>大阪市でWEBサイトの集客を相談するならWEBの診療所へ。</title>

○ディスクリプションタグ/strong>

  • 文字数120文字以内
  • TOPページには会社名を、商品ページにはその商品名を必ず含める

(例)
<meta name="description" content="大阪市でWEBサイトの制作や集客、マーケティングの会社をお探しなら、「WEBの診療所」へ。WEBサイトのお医者さんが、貴方のWEBサイトの問題点を見つけ出し解決します。ご相談、お見積りは無料です。">

○キーワードタグ

  • キーワード数 5個〜6個
  • TOPページには会社名を、商品ページにはその商品名を必ず含める

(例)
<p><meta name="keywords" content="大阪市,WEB,サイト,診療所,お医者さん,集客"></p>


<body>〜</body>で欠かせないタグ

○h1(大見出し)タグ

  • TOPページには会社名を、商品ページにはその商品名を必ず含める

(例)
<h1>大阪市にあるWEBの診療所のサイトです。WEBの集客や制作、マーケティング等についてお気軽にご相談ください。</h1>

 

ポイントは、現在自社よりも検索結果上位に表示されているサイトのタグを見て、参考にすることです。

他社のタグの良い所取りをしてください。


ここまでで紹介した対策を行うことで、おそらくほとんどの場合固有名詞(商品名)での検索順位は上位に上がるかと思います。

検索結果に表示された際のクリック率を上げる方法

クリック率を上げるには2つの方法があります。

  • クリックしたくなるようなキャッチコピーにする
  • グーグルマイビジネスに登録する

クリックしたくなるようなキャッチコピーする

クリックしたくなるようなキャッチコピーをつくるにはコツがいります。

まずは同業種のライバル会社のサイトのタイトルタグやディスクリプションタグを参考に、それよりもインパクトがあり、分かりやすいキャッチコピーにしてください。

また、検索結果での表示のされ方を客観的にみることも大切です。

表示される際のシミュレーションを行うことができる便利なツールをご紹介します。

▼使い方はこちら

f:id:ratchiweb:20161205020828j:plain

 とても便利なツールなので是非利用してみてください(無料です)

グーグルマイビジネスに登録する

店舗をグーグルマイビジネスに登録することで、固有名詞で検索した際に店舗情報がテキストの検索結果とは別の枠で、地図や営業時間、問い合わせ先等、店舗情報が表示されます。

f:id:ratchiweb:20161205021032j:plain

>>> Google マイビジネスはこちらから(無料です) <<<

以上、自然検索(固有名詞)での流入の増やし方でした。


最後までお読みいただき、ありがとうございました^^ このブログに興味を持って下さった方は、是非「読者になる」ボタンをポチッとお願いします◎

Twitterでも情報発信中

ブログにまとめる前のメモ的な使い方をしています。ブログよりも短く要点だけをまとめているので、長い文章を読む時間がない!という方にはこちらでチェックいただいたほうがいいかも◎

ユーザー数を増やすための最初のステップ

こんばんは!WEBのお医者さん「Ratchi」です。

前回は、

  • アナリティクスのデータは、まずユーザー数を見るべき
  • 月間ユーザー数はまず100以上を目指すべき

というお話でした。

今回は、じゃあそのユーザー数ってどうやって増やしたらいいの?というお話です。

f:id:ratchiweb:20161128232540j:plain

ユーザーの流入経路は主に5つ

ユーザーは主に下記5つの方法でサイトに流入します。

  1. 自然検索
  2. 広告
  3. SNS
  4. 他社サイト
  5. ダイレクト

そして、この1〜5の中にもそれぞれ様々な種類があります。

  1. 自然検索の種類
    • 固有名詞(会社名や商品名)検索
    • 固有名詞でないキーワード検索
  2. 広告の種類
    • 検索エンジンでキーワードを検索した際に表示されるリスティング広告
    • 特定のターゲットに向けて配信するバナー広告
    • 誰かにブログ等の記事で紹介してもらうアフィリエイト広告
    • 一見広告のようには見えないキュレーション広告
    • youtube等の動画サイトの動画の前後に流れる動画広告
    • WEBチラシ
    • ランキングサイトやポータルサイト
  3. SNSの種類
    • Facebook
    • twitter
  4. 他社サイトの種類
    • ブログ等の個人的なサイト
    • 口コミ、ランキングサイト
    • 掲示板サイト
  5. ダイレクトの種類
    • ブックマーク
    • メールやメッセージなどの文中のURL

この5つの中で、原則として
自分達の手で流入数を増やせるのは1〜3の3つ
です。

優先順位の高いユーザーから流入を増やす

さて、ここまできてちょっと気持ちがめげそうになりませんでしょうか?

「多過ぎ!!どれから手をつけたらええねん!?」と。

落ち着いてください。

じつはここでも、1点集中ステップアップ法の考え方を利用できるんです!


一度に1〜3の全ての方法で流入を増やそうと思わないでください。


ポイントは、
「連れてきやすいユーザーから連れてくる」ことを意識して、
優先順位をつけて施策を行うこと。

 

連れてきやすいユーザーってどんなユーザー?

ユーザーの連れてきやすさは、商品への関心度の高さと、競合性の低さで決まります。

どういうことか、説明しましょう。

まず、ユーザーを関心度合いの高さの順で並べるとこうなります。

  • 自社の商品やサービスに興味をもってくれているユーザー
  • 自社に限らず、その種類のサービスに興味をもっているユーザー
  • そのサービスを使うことで解決できる悩みや要望をもっているユーザー
  • そのサービスで解決できる悩みや要望を、じつは持っているのに自覚していないユーザー


次に、競合性の低さ(同業種の他社のサイトと競い合う可能性の低さ)でユーザーを並べると、こうなります。

  • 自社の商品やサービスに興味をもってくれているユーザー
  • そのサービスで解決できる悩みや要望を、じつは持っているのに自覚していないユーザー
  • そのサービスを使うことで解決できる悩みや要望をもっているユーザー
  • 自社に限らず、その種類のサービスに興味をもっているユーザー


イメージしにくい方のために例を挙げると

「美容室Ratchi」のサイトにユーザーを連れてきたい場合

ユーザーを関心度合いの高さの順にならべるとこうなります。

  • 「美容室Ratchi」に行きたいAさん
  • 美容室に行きたいBさん
  • 髪の癖でスタイリングが上手くいかず悩んでいるCさん
  • 女の子にモテたいけどモテないDさん

競合性の低さでユーザーを並べるとこうなります。

  • 「美容室Ratchi」に行きたいAさん
  • 女の子にモテたいけどモテないDさん
  • 髪の癖でスタイリングが上手くいかず悩んでいるCさん
  • 美容室に行きたいBさん

どうでしょう、イメージできましたでしょうか。


そして、上記を基にすると、優先順位はまずダントツで

  • 自社の商品やサービスに興味をもってくれているユーザー
    次に
  • そのサービスを使うことで解決できる悩みや要望をもっているユーザー
    その次に同立で
  • 自社に限らず、その種類のサービスに興味をもっているユーザー
  • そのサービスで解決できる悩みや要望を、じつは持っているのに自覚していないユーザー

となります。


そうなると、何よりも1番最初に流入を強化するべきなのは、なんだかわかりますか?

答えは

  1. 自然検索
    • 固有名詞(会社名や商品名)検索

です!

これが、まず1番大事

この部分がダメだと致命的なのです。


だって、社名や商品名で検索してくれるユーザー1番ホットなユーザーってことですよね?

それなのに、そのユーザーにWEBサイトを見てもらえる機会を損失してる!


まずは、GoogleとYahooでご自分の会社名や商品名を固有名詞で検索した時に、ちゃんと自社の該当ページが上位に表示されるか試してみてください。


今日はここまで◎

次回は、固有名詞での検索から流入させる方法についてお話させていただきます。


最後までお読みいただき、ありがとうございました^^ このブログに興味を持って下さった方は、是非「読者になる」ボタンをポチッとお願いします◎

Twitterでも情報発信中

ブログにまとめる前のメモ的な使い方をしています。ブログよりも短く要点だけをまとめているので、長い文章を読む時間がない!という方にはこちらでチェックいただいたほうがいいかも◎

ユーザー数が月間100を超えないサイトは他の数値を分析しても意味がない?!

こんばんは、WEBのお医者さんRatchiです。

今回は予告していたように、1点集中ステップアップ法「ステップ①ユーザー数」についてのお話です。

f:id:ratchiweb:20161123213421j:plain

なぜまず最初にユーザー数を見るのか?

それは、

「ユーザー数が月間100を超えていないサイトは、数値分析を行うにはデータ数が少なすぎるから」

です。

どういうことか?

例えばあるアパレルショップがお客さんにこんなアンケートをとったとします。

質問

あなたはAのワンピースとBのワンピースだとどちらが好きですか?

集計結果

A:70% B:30%

このアンケート結果に基づき、アパレルショップはAのワンピースをBの倍の数入荷しました。

さて、

この時にアンケートを採った人数が10人だった場合、この判断は適切でしょうか?

答えはNOです。

でもこのアンケートが100人を対象にして採ったものだった場合は、ある程度の妥当性がありますよね。

WEBの分析も同じです。

あまりにも少ないユーザーのデータから判断をしようとすると、誤った判断をしてしまう可能性があります。

まずは、月間ユーザー数が100を超えられるように施策を行いましょう。

では、どうやったら月間ユーザー数が100を超えるのでしょうか?

次回は、ユーザー数を増やすためにまず何をするべきかについてお話させていただきます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました^^ このブログに興味を持って下さった方は、是非「読者になる」ボタンをポチッとお願いします◎

Twitterでも情報発信中

ブログにまとめる前のメモ的な使い方をしています。ブログよりも短く要点だけをまとめているので、長い文章を読む時間がない!という方にはこちらでチェックいただいたほうがいいかも◎

アナリティクスでの解析、何から始めるのが正解?

今回のブログは、主に「社内にWEB担当者が自分しかいない(もしくは個人事業主様)」という方や、「WEBに関する予算が少ない(月に20万以下)」という方で、かつ「周りに詳しい人がいなくて、アナリティクスの使い方を教えてもらえない」という方向けの記事です。

社内にWEB担当者が沢山いて、予算もしっかりあるぜ!という方にはあんまり役に立たない内容かと思いますのであしからず。

f:id:ratchiweb:20161123212857j:plain

さて、グーグルアナリティクスを使って解析を始めたけれど、一体何から手をつければいいのか分からない、そんな人って多いのではないでしょうか。

PV数、直帰率、離脱率、平均ページ滞在時間、コンバージョン数、コンバージョン率、、、。

「それぞれが何を表すのかはわかったけど、色々ありすぎて難しい、、。」

私も最初にアナリティクスでの解析を始めた時はそんな感じでした。

周りにそれを聞けるような専門家もいないし、本やインターネットで調べるしかなくて、でもそういうので説明されてるのってばっくり言うと

「流入数を増やしましょう!直帰率や離脱率は下げましょう!平均ページ滞在時間と平均ページ閲覧数を増やしましょう!コンバージョン率を上げましょう!」

こんな感じのことばかりなんですよね。

この↑説明だと素人にはほんとに「何から手をつけていいか」わかんない。

自分1人ではやれることにも限りがあるわけで、上に書いてることを全部ちゃんとやろうとすると

「え、あれもこれも?無理!!!」

となってしまいませんか?

私はなりました笑

そして、やれることからやろうとするんですが、まぁ「迷う」んですよね。

ほんとにこれでいいの?と。。。

今では自分なりの方法論を導き出せたのでその方法論に乗っとって解析→改善できるようになりましたが、最初の頃はほんとに苦労しました。

そこで、昔の私のように「まずどうするべきか分からない」という方のために、私の編み出した方法論をご紹介します。

もしよろしければ、参考にしてみてください。

その名も

「1点集中ステップアップ法」

です。

どういう方法かというと

1つのステップが目標の数値に達するまで、それだけに集中してとことんやり抜く。
↓↓↓↓↓↓↓
目標達成したらまた次のステップに集中する。

こんな方法です。

色んな項目をいっぺんに見ていっぺんに直そうとするから、難しくなるしややこしくなる。

だったら1つずつ確実にやっていこう、っていうことですね。

実はこれ、WEBの分析だけじゃなくてあらゆることに通じる万能な方法論だったりします。

「1点集中ステップアップ法」基本の⑤ステップ

  • ステップ①ユーザー数
  • ステップ②直帰率
  • ステップ③PV数/セッション(平均滞在時間)
  • ステップ④フォームへの到達率とフォームからのコンバージョン率
  • ステップ⑤コンバージョンユーザーの属性

次回のブログでは、①のユーザー数について、詳しく解説します。

※ご注意※

これはあくまでもRatchiの経験に基づくおすすめステップであり、絶対この順番ですべき!とかこの方法ですべき!というものではありません。

このステップを参考に、もっとご自身に合った方法へ昇華させていただければ幸いです。

例えば12+3の計算をする時に、12を10と2に分けて10+(2+3)で15だ!と考える人もいれば、12=3×4に+3だから、3が5つの3×5で15だ!という解き方をする人もいるように、やり方は1つではないからです。

ただ、あえてまず1つの法則にのっとってやってみることで見えてくる「自分なりのやり方」というものもあるんじゃないかなと思うので、「どうしようかな」と迷っている方はまず、上記の順番でステップを踏んでみて下さい。

そこから色んなことが見えてくるんじゃないかなと思います◎

最後までお読みいただき、ありがとうございました^^ このブログに興味を持って下さった方は、是非「読者になる」ボタンをポチッとお願いします◎

Twitterでも情報発信中

ブログにまとめる前のメモ的な使い方をしています。ブログよりも短く要点だけをまとめているので、長い文章を読む時間がない!という方にはこちらでチェックいただいたほうがいいかも◎

はじめまして、Ratchiです。

今回は記念すべき第1回目のブログということで、簡単な自己紹介と、このブログの目的についてお話させていただこうと思います。

あああ、文章とは言えど緊張する…。

f:id:ratchiweb:20161123213110j:plain

基本情報

ニックネーム
Ratchi
性別
女性
年齢
27
職業
WEBプロデューサー
出身
鹿児島
現住所
大阪
身長
160cm
血液型
o型

好きなもの

  • 音楽
  • 甘いもの
  • カピバラさん
  • 本屋さん
  • 映画館
  • マーケティング

苦手なもの

  • 子持ちししゃも
  • モツ
  • 苦いもの
  • アルコール
  • タバコ

略歴

小さな頃から3度の飯より絵を描く事が好き。

中学〜高校で、修学旅行のしおりや体育祭のパネルの絵を描いて周りからとても喜んでもらえた経験がきっかけとなり、デザイナーを志すことに。

大学受験で失敗し1浪するも、翌年大阪の大学に合格し、大学でグラフィックデザインの基礎を学ぶ。(落ちた大学が不正な試験操作をしていたことが後に判明し、そんな大学に行かなくて済んで逆に運がよかったなと思ったり。)

大学卒業後デザイン会社に就職。グラフィックとWEBのデザインの実務を積む。

その後体調を崩したことをきっかけにインハウスのWEBデザイナーとして現在の会社に転職。

WEBでの反響獲得を目指して色々やっているうちに、デザイン以外の様々な業務に携わるように。インハウスだからこそ気付けたことや身に付いた知識を共有できたらいいなあと思うようになる。

実績

  • 商品単価4000万前後の商品のサイトで反響数を4.9倍、反響率を6倍にUP
  • 商品単価150万前後の商品のサイトで反響数を2.3倍、反響率を1.7倍にUP
  • 反響単価6万円だったサイトの反響単価を2万円にコストダウン

等々…。

「WEBの診療所」とは?

WEBサイトの運営について友人や知人にアドバイスをしているうちに、 「せっかくだから、知り合いだけじゃなく、WEBのことで悩んでいる人みんなの役に立てるといいな。」 と思うようになり、今回はてなブログを始めてみることにしました。

WEBサイトの診察(分析)を行って、症状に合わせてお薬や注射の処方(改善策のアドバイス)をする。

それってお医者さんに似ているなーと思い、このようなネーミングに。

WEBで困っている人の「かかりつけ」になり、ただ治療するだけでなく、WEBサイトを所有している方自身がより良くWEBサイトを改善していけるような「健康法」を発信していけたらと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました^^ このブログに興味を持って下さった方は、是非「読者になる」ボタンをポチッとお願いします◎

Twitterでも情報発信中

ブログにまとめる前のメモ的な使い方をしています。ブログよりも短く要点だけをまとめているので、長い文章を読む時間がない!という方にはこちらでチェックいただいたほうがいいかも◎